私たちの宝を私たちの力で私たちの明日へ伝えよう!

ごあいさつ

 九州文化財国際交流基金は九州・沖縄の文化財を未来にわたって永く守り伝えていくために設立されました。
 九州・沖縄は古代からアジア諸国との交流の窓口であり、他の地域には見られない特色のある多くの文化財を伝えています。しかし、国や自治体の予算だけでそれらを守っていくことは困難であり、民間の主体的な活動がなければ、知らず知らずのうちに大切なものを失っていく危機にさらされています。
 平成17年秋には、百年以上待ち望まれた九州国立博物館が誕生し、文化財保護の機運がいっそう盛り上がっているところです。
 当基金では、1)文化財を守り伝えるために必要な人材の育成、2)文化財の保存と修理、3)1と2に関わる国際交流事業の実施という三つの大きな活動の柱を立てています。
 広く皆様の援助を得ながら、我々の大切な文化財を守っていくために役立てたいと念じております。

理事長 味酒安則
イメージキャラクター「とびうめくんとうそちゃん」

イメージキャラクター「とびうめくん と うそちゃん」

イメージ
太宰府天満宮
イメージ
九州国立博物館
イメージ
(イメージ写真)